Ⅻ.THE HANGED MAN


 

おはようございます。

 

今日の言選り(ことえり)は

 

『Ⅻ.THE HANGED MAN』

12.吊るされた男

 

「ゴーストの囁き」

 

 

今日は、インターネットで調べる前に

 

自分の頭で考えてみてください。

 

 

 

 

『攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)』


というSF作品があります。

 

 

この作品では

 

「電脳化」といって、脳みそとコンピュータを直接繋げたり

 

「義体化」といって、肉体をサイボーク化することが

 

当たり前になるほど、高度に科学技術が

 

発達した近未来が舞台になっています。

 

 

 

 

機械が限りなく人間に近づき

 

人間が限りなく機械に近づいた世界で

 

人と機械を分け隔てるものは何か? 

 

 この作品ではそれを「ゴースト」と表現します。

 


このゴーストを持っているのが人間。

 

私たちがいわゆる、“自我”や“魂”


といっているものと同義だと


私は捉えています。


 

 

 

この世界では、脳がハッキングされる犯罪もあり

 

自分が持っている記憶、自分が自分であるという感覚も

 

もしかしたら、誰かに造られたものかもしれないのです。

 

 

 

そして、これは、現代でもそうだと思うのです。

 

ネットに簡単にアクセスできる時代になり

 

自分で考えるよりも先にネットで

 

調べてしまうことも多いでしょう。

 

 

しかし、その情報はどこかの誰かによって

 

作られたもの。

 

 

もしかしたら何かの意図を持っている

 

かもしれないのです。

 

 

あの人が言っているからとか

 

あそこが発信しているからと

 

安易に鵜呑みにせず

 

自分の頭でしっかりと

 

考えることがとても大切なのです。

 

 

 

今日は、ぜひ自分の頭でしっかり考える

 

ということをしてみてください。

 

そして、自分がどう感じるのかを

 

じっくり味わって、自分の感覚を優先。

 

何より大切にしてください。

 

 

(※災害レベルの悪天候が続いている地域もありますので

 

そういった地域にお住まいの方は、天気予報や

 

災害情報など、しっかりとご確認の上

 

ご注意してお過ごしください)

 

 

 

あの人がいいって言ってたから

 

いいと思わなかった自分はおかしいのかな?

 

というのはNGです。

 

自分がどう感じたかが一番大事なのです。

 

 

 

攻殻機動隊の主人公の草薙素子は

 

行動の根拠を聞かれたときに

 

“そう囁くのよ、私のゴーストが”

 

と答えます。

 

 

 

あなた様のゴーストは

 

なんとささやいていますか?

 

 

自分の感じ方を大切にすることは

 

自分を大切にすることでもあります。

 

 

自分の感覚を信頼する1日になりますように。

 

 

 

【今週のタロットデッキ】

 

THE LIGHT VISIONS TAROT