Ⅶ of CUPS


 

おはようございます。

 

今日の言選り(ことえり)

 

Ⅶ of CUPS

(カップの7)

 

「思いっきり悩んでみる」です。

 

あなた様は悩むことってありますか?

 

悩んだ時はどうしていますか?

 

 

普段のリーディングでは

 

悩み過ぎ、難しく考え過ぎですよ。

 

もっと簡単に考えてくださいね。

 

 

といったことをお伝えすることも

 

少なくありません。

 

 

 

しかし、今日は敢えて

 

セールもはじまったし

 

狙ってるアイテムを買おうか

 

くらいのことでもOKですので

 

悩みごとや迷っていることがあれば

 

思いっきり難しく考えてみてください。

 

 

 

ちょっとじゃなくて

 

アリストテレスやセネカのような

 

哲学者にでもなったつもりで

 

数分で構いませんので

 

難しく複雑に悩んで

 

考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、悩んでみましたか?

 

そして、悩んでみて目の前の

 

状況が変わりましたか?

 

 

悩むだけで現実が変わるなら良いのですが

 

残念ながら、そうはなりません。

 

 

 

 

 

人生は選択の連続。

 

時に悩みや迷うことも人生の醍醐味。

 

素晴らしいことです。

 

それほどに選択肢(自由)があるということ

 

でもあるわけですし。

 

 

なので、悩むことや迷うこと自体を

 

問題視したり否定しているわけではありません。

 

 

 

ただ、悩みすぎ、迷いすぎて

 

動けなくなるというのが問題なのです。

 

 

 

ナチス支配下にユダヤ人強制収容所で

 

過酷な経験をした

 

ヴィクトール・フランクルは

 

「そもそも、我々が人生の意味を

 

問うてはいけません。

 

我々は人生に問われている立場であり

 

我々が人生の答えを

 

出さなければならないのです」

 

と語っています。

 

 

 

自分悩み、迷い

 

ではなく

 

悩み、迷い自分

 

 

悩み、迷いから自分へ

 

問いかけられている

 

と目線を変えてみる。

 

 

すると、同じ状況・光景であっても

 

自分が今まで捉えていた世界とは

 

大きく違ってくるのかもしれません。

 

 

 

悩み、迷いは、何を問いかけて

 

きていると感じますか?

 

 

 

そして、あなた様はそれに対して

 

どういう意味付けをし

 

なんと答えますか?

 

 

 

 

「生きるとは、問われていること

 

答えること、自分自身の人生に

 

責任をもつことである」

 

 

とは、強制収容所でいつ終わるかも

 

わからない、絶望的とも思える状況で

 

3年もの時間を過ごしたフランクルの言葉。

 

 

その言葉は、とても重く深く

 

こだまのように私の心に響きます。

 

 

 

 

自分の人生に素敵な意味を持つ

 

一日になりますように。

 

 

 

【今週のタロットデッキ】

 

TAROT OF THE HOLY SPECTRUM