prince of cups


 

おはようございます。

 

今日の言選り(ことえり)は

 

『prince of cups』

(カップのナイト)

 

 

右手に花を持った

 

男の子の楽しげな歌声が聞こえてくる。

 

 

「花束を君に贈ろう

 

愛しい人 愛しい人

 

どんな言葉並べても

 

君を讃えるには 足りないから

 

今日は贈ろう 涙色の花束を君に♪」

 

(『花束を君に』宇多田ヒカル)

 

 

 

花を持った男の子「僕は人の言葉を花に変えて

 

イルカさんとヘビさんと運ぶ仕事をしているんだ。

 

(ヘビは男の子の左手のカップの中にいます)

 

 

 

優しい言葉の花は

 

蓮の花みたいに柔らかな色味になり

 

香りもほんのり、イチゴみたいに甘いんだよ。

 

 

笑える言葉の花は

 

道化師の衣装みたいにカラフルで

 

香りもマンゴーみたいにジューシー。

 

 

厳しくても愛のある言葉の花は

 

凛と背筋が真っ直ぐに伸びていて

 

レモンの炭酸水みたいにスッキリ。

 

 

 

でも、相手を傷つける言葉の花は

 

悪魔みたいに禍々しくて

 

香りも腐った食べ物みたいに、ツーンと酸っぱいんだ。

 

 

 

 

いつも、楽しい花を運べればいいのだけれど

 

なかなかそうもいかないんだ。

 

 

だから、お願いがあるの。

 

今、自分の周りにはどんな花が咲いているのか

 

を感じてみて。

 

 

 

自分は、どんな花に囲まれているかって?

 

自分は、どんな花を生み出しているかって?

 

 

時には持っているネガティブな花の種を

 

刈り取るために、ネガティブな花を咲かせることも

 

必要だと思うけど、それは、一時的なものだよ。

 

 

僕は素敵な花束をたくさん運びたいな〜」

 

 

 

あなたはどんな花束を自分に

 

他者に贈っていますか?

 

素敵な花束を贈る一日になりますように。