4月25日も言選り


 

おはようございます。

 

今日のことえりは

 

『SIX OF TREES』

(ペンタクルの6)

 

「コズミックツリーの夢」

 

昨日の宇宙の樹(コズミックツリー)のお話。

 

 

 

私(コズミックツリー)には夢がありました。

 

 

それは一度でいいから

 

地球に降りてみたいということです。

 

 

宇宙はエネルギーだけの世界。

 

 

地球のように物質的な体験というのは存在しないのです。

 

 

だから、私は

 

一度でいいから

 

大地の温もり

 

水の冷たさ

 

風の音

 

太陽の日差し

 

厳かな月明かり

 

光合成をする感触

 

それらを肌で感じてみたかったのです。

 

 

 

そして、ある日、私は居ても立ってもいられず

 

自分の魂の一部を地球に降ろしました。

 

 

 

その“魂の種”は大地に根付き

 

数百年という時間をかけて大樹となりました。

 

 

少しづつ刻まれていく年輪。

 

雨や風といった自然現象、季節の変化。

 

自分の周りで遊ぶ子供たちの姿。

 

他の植物や昆虫、精霊たちとの会話。

 

 

何気ない日々の些細なことも

 

宇宙から来た私にとっては

 

感動的な体験でした。

 

 

 

そして何より

 

自分の枝に鳥や動物が巣を作り子育てをしたり

 

自分の枯葉が腐葉土となり大地の栄養となったり

 

自分の実を人や動物が食べて命を繋いだり

 

 

といった経験によって

 

“与える喜び”を知りました。

 

そして、“与えること”によって

 

”幸せを受け取る”こともできました。

 

 

私は与えることによって

 

全てを与えられたのです。

 

 

 

だから、喜びたいなら、幸せになりたいなら

 

一切の見返りを求めず

 

まず、与えてみてください。

 

 

 

もちろん、なんでも、誰にでも与えれば良い

 

というわけではありません。

 

 

特に奪う姿勢の人は

 

奪うだけで際限がないので

 

与える人は適切に選ぶ必要はあります。

 

 

また、自分を削ってまで与える

 

ただの自己犠牲もよくありません。

 

 

 

そこに注意を払いつつ

 

あなたは何を与えますか?

 

 

 

他者はもちろん、自分にも忘れずに与える喜びで

 

満ち満ちる一日になりますように。