今週のタロットデッキ


 

今日の言選り(ことえり)で使用しているタロットデッキの紹介です。

 

今週は

THE TAROT BANKSY 」です。

 

 

イギリス出身の正体不明のアーティスト

 

バンクシーのタロットです。

 

 

アートやデザインが好きには

 

テンション爆上がりなタロットかなと思いますが

 

クセがスゴいです。

 

 

スートは

 

ソード→スプレー缶(SPRAY CANS)

 

ワンド→ ブラシ(BRUSHES)

 

カップ→ バケツ(BUCKETS)

 

ペンタクル→ ステンシル(STENCILS)

 

 

 

コートカードは

 

ペイジ→シスター(SISTER)

 

ナイト→ブラザー(BROTHER)

 

クイーン→ママ(MAMA)

 

キング→パパ(PAPA)

 

となっています。

 

 

オリジナルカードはないですが

 

教皇と審判のカードがデザイン違いで2枚ずつ付いています。

 

 

一応、ウェイト・スミス版(ライダー版)に沿っていますが

 

バンクシー自体メッセージ性の強い作品が多いので、、、、

 

どうリーディングするかは

 

いつも以上にタロティスト次第というところでしょうか。

 

 

私は大学時代に国際政治のゼミにおりまして

 

難民・貧困問題、環境問題

 

などを勉強していました。

 

 

そのため、バンクシーのメッセージに

 

かなり引っ張られるリーディングになっています。

 

 

 バンクシーのアートに対しては

 

公共の場所への“落書き”は犯罪ということで

 

賛否あるかと思います。

 

私も犯罪行為を肯定する気はありません。

 

 

しかし、バンクシーは素敵なメッセンジャーだと感じています。

 

なぜなら

 

社会問題に対して、アート、ユーモアというカタチで答えているからです。

 

 

私自身、環境保全活動家や人権活動家の主張に賛同できる点も多いです。

 

しかし、時として彼らの正しさや正義を強硬に主張する姿は

 

「光が強ければ影もまた濃い」というゲーテの言葉もありますが

 

「光の呪い」、「光の攻撃」だと感じるのです。

 

 

それに対して、バンクシーのアートというカタチで

 

多くの人に訴えたり、考えることを促す姿勢って

 

なんとも“粋”だなぁと思うのです。

 

リーディングもこうありたいなーと思う今日この頃です。

  

 

ちなみに

 

今回のデッキは1stエディションで、現在2ndエディションが発売になっていて

 

バッキングのデザインやエッジの色が変わっています。

(カードの中身は変わってなさそうです)