· 

Fikaへようこそ


 

Fikaへ訪問くださり、ありがとうざいます。

 

店主のkimihiroです。

 

Fikaでは、心地良い暮らしをサポートするアイテムとして、自然素材である大豆油を主原料とした、ハンドメイドのソイキャンドルをご提案しています。

 

ホームページでのオンラインストアを中心に、Fikaのソイキャンドルを気に入ってくださった、スピリチュアルサロン、雑貨店、鍼灸院にて販売させていただいます。

 

 

店名の『Fika』(フィーカ)とは、スウェーデン語でティータイム・コーヒーブレイクのことです。

 

スウェーデンの人々は 「Ska vi fika?(Ska vi ta en fika? )」と言って、お茶に誘います。

 

しかし、それは、ただのティータイムという意味ではありません。

 

『Fika』は、友人や家族、仲間などと共に、甘いものやお茶やコーヒーを、そして何よりコミュニケーションを楽しみながら心豊かに、心地よく過ごす時間のことです。

 

 

私自身も北欧に1年ほど留学していました。

 

その経験から、心地良い生き方や暮らしって何だろう?

 

どうすれば、北欧で体験した様な素敵な時間を過ごせるのだろう?

 

というのが、私の人生のひとつのテーマとなりました。

 

Fikaの時間をスウェーデンの人々はとても大切にします。

 

北欧では時間がゆっくり、ゆったりと穏やかに流れます。

 

それは丁寧に“今”この瞬間を最大限に、大切に慈しみながら生きているからだと私は感じました。

 

そして、その象徴がFikaなのだと私は考えています。

 

 キャンドルは北欧の暮らしでも、心地良く過ごすためには欠かすことのできないアイテムです。

 

ソイキャンドルを通して、Fikaな心地よい時間を過ごす。

 

そのお手伝いができれば思いと名付けました。

 

 

皆様は北欧と聞いて、何をイメージしますか?

 

インテリアや生活雑貨をはじめとする北欧デザインでしょうか?

 

マリメッコ、IKEA、リサ・ラーソン、ブロックのおもちゃのLEGO、ロイヤルコペンハーゲン、ムーミン、童話作家のアンデルセン、作曲家のグリーク、「叫び」でお馴染みのムンク、などなど

 

日本でもよく知られていますね。

 

それとも「ゆりかごから墓場まで」とも言われる、高福祉国家としての姿でしょうか?

 

はたまた、世界で最も幸福な国ランキングでしょうか?

 

北欧って日本でも聞いたり、目にする機会は多いかと思うのですが、詳しくは知らないって方が少ないくないと思います。

 

 

Fikaのブログでは、北欧のお話や紹介、体験談、心地良く暮らしや生き方などについて思うことなどを綴っていきたいと思います。

 

このブログを通して北欧に興味を持ってもらえたり、知ってもらえれば嬉しいですし、お世話になった北欧への恩返しにもなるかなとも考えています。

 

逆に北欧の評判を下げない様に気をつけないといけないですね!(笑)

 

のんびり、ゆったりとご笑読いただければ幸いです。

 

【Fika】

kimihiro